半襟の縫い方

長襦袢の衿は、首が直接あたり、着物の中で一番汚れやすい部分です。
この部分が汚れないように、半襟という白や柄の入った横幅15cm、長さ約1メートルの布を衿にかぶせて縫い、衿芯を通して使うのが一般的です。
このページでは、半襟の縫い方について説明します。

用意するもの

長襦袢、半衿、針、縫い糸、まち針、衿芯

  • 帯のたたみ方1

    まず、襦袢の裏側を上にして、衿の中心を広げて出します。衿の中心は、長襦袢の背中側にある縫い目(背中心★)を頼りにしましょう。

  • 帯のたたみ方2

    半衿の中心と長襦袢の中心を合わせます。

  • 帯のたたみ方3

    半衿は、長襦袢の衿に、約1.5cmかけて、待ち針で止めておきます。
    次に、左側に約15cm離した場所に、ゆるみがないよう、ピッタリと合わせて、待ち針で止めます。

  • 帯のたたみ方4

    反対側の右も同じように、長襦袢の白い衿に添わせて、ピタッとし、待ち針を付けて止めていきます。

  • 帯のたたみ方5

    そのまま右側へ、半衿を長襦袢の衿に1.5cmかけた状態で、待ち針で止めていきます。

  • 帯のたたみ方6

    半衿のすみ、5cm手前迄きたら、半衿を約5cm折り返して、待ち針で止めておきます。

    そして、縫い始めていきますが、図のように長襦袢の衿のすみから縫っていきます。

  • 帯のたたみ方7

    図のように縫っていきます。縫い目は、長襦袢の衿の裏まで針が貫通して縫っても大丈夫ですし、袋状態になっている衿の上側をすくう感じで縫っても、大丈夫です。

    ※縫い方は、並縫いで大丈夫です。縫う間隔は、衿の中心から両方に15cmの場所は、細かく縫い、それ以外は、1cmすくって3cm間隔(糸が見える)で縫っていって下さい。

  • 帯のたたみ方8

    反対側も同じように縫います。

  • 帯のたたみ方9

    反対側も縫いましたら、半衿を長襦袢の衿に矢印の方へ、かぶせるようにかけます。

  • 帯のたたみ方10

    かぶせたら、そのまま長襦袢を表に返します。

  • 帯のたたみ方11

    半衿を長襦袢の衿に、かぶせるように付けます。

    この時、なるべくえりに半衿がピタッとしていた方が、衿芯を通した時に綺麗になります。

  • 帯のたたみ方12

    長襦袢の衿の幅から、はみ出た半衿(着物部分にかぶった半衿)は、内側に折りこんで、中心から待ち針をさし、止めていきます。

  • 帯のたたみ方13

    そして、長襦袢の衿は、下に行くにつれて(腰に近い所)、少し幅広になっていますので、内側に折り返す部分は、だんだん少なくなっていきます。

  • 帯のたたみ方14

    表側は、1cmすくって3cmの間隔で隅から隅まで、いっきに縫っていきます。

    なるべく、衿のすみを縫い、裏側に糸が出ないように、気を付け、衿をすくうように縫っていましょう。

  • 帯のたたみ方15

    出来上がったら、衿芯を内側(裏)に通して下さい。

着付けについてのお問い合わせ

着付けに関するご質問、ご相談は各店舗までお気軽にお問い合せください。

top