着付けに必要なものリスト

  • 半襟

    半襟(はんえり)

    無地のものや刺繍がついたもがあります。長じゅばんに縫いつけておくことを忘れずに。

  • 帯板(おびいた)

    帯板(おびいた)

    帯がしわになるのを防ぐ役目があります。2枚あるとよいでしょう。

  • 伊達襟(だてえり)

    伊達襟(だてえり)

    着物の襟の内側に重ねる飾り襟です。襟に縫い付けた状態でお持ち下さい。

  • 衿芯(えりしん)

    衿芯(えりしん)

    長じゅばんの襟に入れる細長い板状のもの。両端に丸みがあります。

  • 帯揚げ(おびあげ)

    帯揚げ(おびあげ)

    帯枕に被せて使います。綸子や総絞りのものがあります。

  • コーリンベルト

    コーリンベルト

    胸もとの着くずれや襟の乱れを防ぐことができます。両端にクリップがついています。レンタル可

  • 帯締め(おびじめ)

    帯締め(おびじめ)

    振袖姿の要になります。丸組み・平組みのものがあります。

  • ウエストベルト

    ウエストベルト

    おはしょりの形を崩れにくくします。結び目が出ないのでひもよりもきれいに仕上がります。ひもでも可

  • 伊達締め(だてじめ)

    伊達締(だてじめ)

    胸もとや襟もとを整え、着くずれを防ぎます。絹製で薄手のものを2枚準備しましょう。

  • 三連ゴム(さんれんごむ)

    三連ゴム(さんれんごむ)

    帯を結ぶときに使用します。飾り帯をきれいに仕上げ、くずれにくくします。必要です レンタル可

  • 腰ひも(こしひも)

    腰ひも(こしひも)

    着物などの丈を合わせたあとに締めます。すべりにくいものを4~5本準備しましょう。

  • 帯枕(おびまくら)

    帯枕(おびまくら)

    帯を結ぶときの土台になるものです。

  • 長襦袢(ながじゅばん)

    長襦袢(ながじゅばん)

    肌着の上に着ます。白や薄いピンク色のものがあります。

  • 肌着(はだぎ)

    肌着(はだぎ)

    肌の上に直接着る着物用の下着です。上と下(おこし)に分かれているものもあります。

印がついたものは、当サロンでも販売しております。

以上の他、着物・帯・バック・ぞうり・足袋(たび)なども忘れずに・・・。
お持ちでないものを、事前にそろえておいてください。

  1. 当日は、前開きの洋服でいらしてください。
  2. 前日の睡眠・当日の朝食はしっかりとってください。
  3. ブラジャーは、補正ブラまたはワイヤーなしのものをご用意下さい。
  4. 足袋は、普段履いている靴のサイズより1サイズ(5㎜)小さいサイズをおすすめしています。 一度試着されることをおすすめします。

ご不明な点がございましたら、お早めにご連絡ください。

着付けについてのお問い合わせ

着付けに関するご質問、ご相談は各店舗までお気軽にお問い合せください。

top