着物のたたみ方

まず着物を脱いだら、着付け用ハンガーに掛けます。
とても、湿気を含んでいるので、陰干しして、一晩は吊るして置きましょう!
※手を洗い、清潔な手で着物を扱いましょう。

  • 着物のたたみ方1

    ホコリのつかない所で、着物全体をシワのないように、きちんと広げ、着物の衿が左に来るように座ります。
    裾の下前部分を、折り目にしたがって手前に折ります。

  • 着物のたたみ方2 着物のたたみ方3 着物のたたみ方4 着物のたたみ方5

    反対側の裾の下前部分を持ってきて、(1)で折った裾部分に重ねるようにしてたたみ、衿先も同じように重ねる。この部分が、着物をたたむ時の基礎になるので、全体をキレイに合わせます。

  • 着物のたたみ方6着物のたたみ方7

    スナップをはずした衿は、折り目の通りに、着物の内側になるように三角に折ります。
    三角部分は、たたむ時に、シワが寄りやすい箇所なので、丁寧に伸ばすように注意しましよう。

  • 着物のたたみ方8

    このように、どこにもシワの寄っていないキレイな状態になればok!です。
    折り目がついているので、それにしたがって自然にたたんでいけば、シワは寄らないです。

  • 着物のたたみ方9

    上前の脇縫いのラインをつまんで、下にたたまれている脇縫いラインに重なるように合わせます。
    せっかくたたんだ手元の部分が動作によって動いてしまわないように注意しましょう。

  • 着物のたたみ方10

    裾から上にしたがって、上半身も⑤と同じようにして、脇縫いラインに重なるようにして、手前に持ってきて合わせていきます。
    これで、キレイな長方形が出来上がっていきます。

  • 着物のたたみ方11

    裾と同じように上身ごろを脇縫いのラインに合わせた後、袂(たもと)の形を整えます。

  • 着物のたたみ方12

    裾部分を持ち上げて、上の肩側に持っていきます。
    ここでも、すでにたたんだ部分にシワが寄らないように注意します。

  • 着物のたたみ方13着物のたたみ方14着物のたたみ方15

    最後に手前に残った右(下)の袂(たもと)部分を、たたんだ全体を上にちょっと持ち上げて、下側にさっと折り返します。
    ここでも、シワが寄りやすいので気を付けましょう。

  • 着物のたたみ方16

    全体にシワが寄っていないか、ホコリなどは付いていないかを最後に手と目で確かめ、このままの状態で、たとう紙にきっちりと入れて、タンスなどの収納空間にしまいましょう!!

着付けについてのお問い合わせ

着付けに関するご質問、ご相談は各店舗までお気軽にお問い合せください。

top